投稿者「六角」のアーカイブ

【レビュー】強迫性障害への認知行動療法

【タイトル】強迫性障害への認知行動療法 講義とワークショップで身につけるアートとサイエンス

(著)ポール・サルコフスキス (監訳)小堀修、他

(出版社)星和書店 2011年9月29日 初版第1刷発行

ポール・サルコフスキス教授が開発した「強迫性障害用の認知行動療法」の解説書です。基調講演やワークショップの内容を文書化しています。そのため、ガッツリとした論文ではなく、プレゼンのような形態の書籍となっています。医療者向けの書籍なので、罹患直後の患者が、「第一冊目」として購入するような書籍ではありません。

心理学や精神療法の研究は、日本以外の先進国の方が進んでいますので、日本で売られている本でも「著者は外国の方」というケースは多いです。特に、強迫性障害においては、それが顕著な印象があります。

認知行動療法をテーマにした書籍ですので、薬物療法のことは書かれていません。従いまして、「この書籍だけで、強迫性障害の治療全部」がわかるわけではありません。

この書籍から、私が吸収したことを、散発的にですが、いくつかご紹介したいと思います。

OCDの方は、再保証を求めてきますが、それを与え続けると患者の不安感は減るのですが、再保証の効果は減っていくそうです。しかし、再保証を求める動きは減らないので、問題は悪化していくそうです。

この書籍では、認知行動療法(CBT)と暴露反応妨害法(ERP)の効果が比較されています。結果を端的に述べると、CBTの方が、効果があるとのことです。

CBTは強迫観念と強迫行為の両方に効果がありますが、ERPは強迫行為に焦点をあてているため、強迫観念にはあまり影響がないようです。また、強迫行為に関しましては、CBTの方が、成績が良かったものの、ERPとの間に有意な差はなかったようです。

「早発発症の患者」と「遅発発症の患者」を比べた場合、早発発症の患者の方が重症である場合が多いのですが、「治り」については、早発発症の患者の方がよく、遅発発症の患者とあまり差がなくなるようです。

最後に、「不安の公式」みたいなものが記載されていましたので、ご紹介したいと思います。

【不安の強さの4つの要因】

不安の強さ = (起こる見込みの知覚 × 起こった時の恐ろしさの知覚)/ (対応能力の知覚 + 援助の知覚) 

この図式は、回復アプローチを説明するときに、とても役立ちそうです。後日、別の記事で使いたいと思いました。

【レビュー】患者のための最新医学 パニック障害 正しい知識とケア

【タイトル】患者のための最新医学 パニック障害 正しい知識とケア 

(監修)坪井康次 (出版社)高橋書店 (発行)2015年

患者向けの書籍で、パニック障害についての一般的なことが満遍なく記載されています。「基本用語」が丁寧に説明されているだけでなく、周辺の情報(うつ病や、パニック障害と間違われやすい病気等)についても記載されています。

「パニック発作の診断基準」や「パニック障害の診断基準」、「広場恐怖症の診断基準」の記載があり、読者自身でもある程度の精度で診断ができるようになっています。(もちろん、正確な診断は病院で行う必要があります)。

パニック障害患者が続発性のうつ病を罹患する場合、「非定型のうつ病」になることが多いのですが、その辺りも詳しく説明されています。

女性の妊娠・出産についても、けっこう詳しい説明がされていますので、気になる方には参考になるかと思います。

2015年発行の書籍なので、SSRIの服用計画が、昔(2000年代前半頃の書籍)と異なっています。「2000年代頃の書籍しか読んでいない」という方は、こちらの書籍で情報を更新するといいかもしれません。

書籍の後半は、日常生活のケアのしかたについて、細かく書かれています。しかし、これをきちんと実践するのは、なかなか難しそうです。 

【レビュー】強迫性障害 病態と治療

【タイトル】強迫性障害 病態と治療 (著)成田善弘 

(出版社)医学書院 2002年第1版第1刷 2012年第1版第4刷

著者は、1966年に医学部を卒業されたご年配の先生です。初版からだいぶ時間が経過していますが、本書に書いてあることをわかりやすく説明しているサイトもありましたので、内容は現在でも通用するものになっていると思われます。

医療者向けに書かれた本なので、読むのに時間がかかりましたが、興味深い情報もたくさんありました。そのいくつかを、ここでご紹介したいと思います。尚、情報は「論文の引用」を含みますので、必ずしも著者先生が主張しているとは限りません。

男の子の強迫性障害は、「第一子」である場合が多いそうです。また、末っ子も多い、という情報もありました。養育のされ方は、「過保護・過干渉」の場合が多く、症状の特徴は「自己完結型」が多いそうです。これらは私にピタリと一致するため、読んでいて複雑な気持ちになりました(苦笑)。

一方、女性の強迫性障害は、「第二子」が多く、親から「かまってもらえなかった」というケースが多いそうです。また、症状の特徴は「巻き込み型」が多いとのことです。

ご年配の先生ですので、フロイト(精神分析学)にも詳しく、フロイトの研究についてもたびたび触れられていました。

著者先生は、薬物療法も行うし、精神療法も行うそうです。精神療法では、複数の精神療法を「いいとこ取り」で使っているようです。これは何かの理論が先だってそうなったのではなく、結果的にそうなったとのことでした。このことは、強迫性障害を速やかに治す「シンプルな治療法」は見つかっていない、ということを意味していると思います。

治療者の心理の様子も記載されていて、現場でどういったことが起きているのか、とてもイメージがしやすかったです。

全体的にバランスが良い本でしたので、手元に置いて何回も読みたいと思いました。

毒親問題の回復アプローチ

毒親問題を「コミュニケーションの問題」と捉えている人は多いのですが、私は、毒親問題は「精神的虐待」だと考えています。

毒親問題を「コミュニケーションの問題」と捉えている人は、「毒親を許すべきだ」であるとか、「もっと前を向くべきだ」といったことを考えますが、余程の軽症でない限り、このアプローチは成功しにくいと思います。

毒親被害者の苦痛は、例え毒親と決別したとしても、その後10年以上、あるいは20年以上も続きます。このことから、毒親被害者には、「脳にダメージがある」と考えられます。

毒親問題から回復するには、「脳にどういったダメージがあるのか?」ということと、そこから回復するにはどうすればいいのか?」ということを考えなくてはなりません。

結論から述べますと、毒親被害者には「過去のことを延々と考えてしまう」という症状がありますが、既存の精神療法を応用することで、減少させていくことは十分可能だと予想します。

強迫性障害の回復アプローチ

多くの人は、「強迫性障害は治りにくい」というイメージを持っていると思いますが、実際はそうではなく、改善する人も多いと考えられています。具体的な数字は出せませんが、書籍を読む限り、強迫性障害は「まったく手が付けられない病気」ではないです。

強迫性障害の精神療法は研究が進んでいるため、効果が期待できます。けっして、非力ではないです。「暴露反応妨害法」を応用できるようになれば、きっと、よい結果が得られます。

ところが、精神療法に力を入れている医療機関は少ないです。多くの場合、患者は独学で精神療法を勉強することになります。

子どもの場合の回復アプローチ

患者が子どもの場合、不安の発生源が親であることもあります。その場合、「患者への教育」の他に、「親への教育」も必要になります。「平素の接し方」が、子どもに不安を与えている可能性があるため、場合によっては、そこから見直す必要もあります。

不安の発生減が「親ではない」という場合も、当然ながらあると思います。その場合でも、子どもには環境を変える力はないので、いずれにせよ、「親の対応能力の向上」が不可欠になります。

回復のコツ

暴露反応妨害法は「症状の減少」に注目がいきがちになります。しかし、「不安の減少」にも注目した精神療法も展開しないと、治療の成功確率が下がってしまうと予想します。

社会不安障害(社交不安障害)の回復アプローチ

私が子どもの頃(1980年代)は、社会不安障害は、病気と見なされることはほとんどありませんでした。昔から、「恥ずかしがり屋さん」だとか、「引っ込み思案」だとか、または「人見知り」という言葉は広く使われていたので、社会不安障害の症状は、病気と言うよりも「その人の性格」だと認識されることが多かったと思います。

社会不安障害の場合、病気なのか、それとも性格の問題なのか、判断するのが難しいときがあります。しかし、苦痛が大きく、慢性化しているようであれば病気として捉え、しっかりとした対策を講じたほうが、その後の人生を豊かにできると思います。

社会不安障害患者は、10代の時に罹患することが多いのですが、実際にはじめて病院にかかる人は、30代後半の人が多いです。このことから、「放置はよい選択にならない」ということがわかります。

社会不安障害への対応方法ですが、まずは訓練(認知行動療法)が重要になります。そしてそれが難しい場合、薬物療法を選択したほうがいいと思います。

しかし、日本の場合、積極的に精神療法を行う医療機関は少ないので、いきなり薬物療法が選択されることも多いと予想します。

このことに違和感を感じる場合は、先にカウンセリングを受けたほうがいいと思います。

パニック障害の回復アプローチ

パニック障害の方は「この病気は治るのか?」ということを常に心配されていることかと思います。しかし、パニック障害は寛解(≒完治)が望める病気ですので、その心配はあまりする必要はありません。

パニック障害を治すには、患者側に「相当な知識」が必要になります。なぜかと言いますと、パニック障害は、薬の「漫然投与」では治らないからです。

「漫然投与」とは、考えなしに薬を飲むことをいいます。

パニック障害の治療では「抗うつ薬」が主に使われますが、この「抗うつ薬」は使い方がとても難しく、漫然投与では効果をあまり発揮してくれません。

「私は病院に行っているから大丈夫」と考えている人は多いのですが、その考えは危険です。パニック障害の治療では、「医師に病状を伝えて、あとは医師の判断次第」という戦法が上手く行きません。

パニック障害は、今現在も謎の病気で、なおかつ「慢性疾患」と考えられています。「慢性」とは「長期にわたってなかなか治らないような病気の性質」のことを言います。つまり、パニック障害は「医師が努力しても、速やかに治すことができない病気」ということです。このことは、「パニック障害歴が10年以上」という患者さんが多いことからもわかります。仮にパニック障害が慢性疾患でないとすれば、パニック障害で入院した患者さんは、速やかに治るはずです。

慢性疾患の場合、「医師の努力」よりも「患者の努力」が重要になってきます。パニック障害も例外ではなく、大きな回復を手に入れるためには「患者側の努力」が必須になります。イメージ的には、医師の努力が「1」に対して患者の努力が「9」くらいの割合で必要になるかと思います。この数字は私が無理やり出したものですが、患者の努力が無ければパニック障害はほとんど回復しませんので、大きく外れているわけではありません。

ここで、「どういった努力をすればいいのか?」ということが問題になりますが、まずは書籍から「情報を集めること」が第一歩になります。