カウンセリングガイド

このページは「こころまりも相談室でカウンセリングを受けてみたい」という方に、できるだけ効果的なカウンセリングを受けていただけるように設置しました。 あらかじめ「カウンセリングとはどういうものなのか」ということを知っておくと、カウンセリングを効果的に受けることができます。

カウンセリングの必要性

不安障害を患ってしまった場合、カウンセリングを一度受けてみて、その後に「必要かどうか」を判断して頂きたいです。何年も経過した後にカウンセリングを受けると「最初から受けていればよかった~」となってしまうこともあるかと思います。罹患直後の不安障害の方が、最初から病気と上手く付き合えることはほとんどありません。また、不安障害が何年も良くならない方は、治療の取り組み方にどこかしら問題があると考えられます。こうした問題は、自分一人ではなかなか気づきにくいため、カウンセリングを利用した方がリスクを低く抑えられます。

カウンセリングの効果

パニック障害をはじめとする不安障害の方は「この苦痛はカウンセリングで消失するものではない」と感じていることと思いますが、その予想は概ねあたっているように思います。通常のカウンセリング(傾聴中心のカウンセリング)は、不安障害にはあまり効果が期待できませんので、こころまりも相談室では「確認」や「提案」を多く含むカウンセリングを行っています。

医師とカウンセラーの違い

「精神科医はカウンセリングを行ってくれている」と考えている方は多いのですが、お医者さんは基本的にカウンセリングを行いません。カウンセリングは短時間で完結しませんので、お医者さんが行うことは非常に稀です。 お医者さんにカウンセラーの役割を期待してしまうと「話を聴いてくれない」となって、患者側の不満が増えてしまいます。その結果、治療に悪影響がでてしまうこともあるかと思います。

こころまりも相談室のカウンセリングはどのように進みますか?

初回のカウンセリングは、ご利用者さんの状況を把握するために多くの時間を割きます。そのため、初回のカウンセリングで問題が解決することはほとんどありません。おそらく、これはどのカウンセリングルームでもだいたい同じだと思います。

パニック障害の方の場合、カウンセリングの時間も大きな苦痛を感じますので、そうした場合は電話をきって、いつでも休憩をとって頂いてかまいません。時間内でしたら、何度でも休憩できます。電話は、突然切っていただいても大丈夫です。落ち着いたところで、お電話をかけなおしてください。

カウンセリングはどれくらいの頻度で受ければいいですか?

毒親問題など人間関係の問題は、定期的に受けると効果がでやすいと思います(例えば2週間に1回など)。一方、不安障害などの疾患がある場合は、必要を感じたときに受けるのがいいと思います。

どのような人が「こころまりも相談室」に向いていますか?

パニック障害、不安障害、うつ、毒親問題、職場の人間関係等のお悩みを抱えている方は、こころまりも相談室がお役に立てると思います。一方、次のお悩みを抱えている方は、他の相談機関でご相談することをお勧めします。

  • 一刻を争うほど深刻化している ➡ 命の電話
  • 心理検査を必要としている ➡ 臨床心理士がいる医療機関
  • 統合失調症を患っている ➡ 精神保健福祉士のいる福祉施設