21 書籍の紹介」カテゴリーアーカイブ

【レビュー】強迫性障害への認知行動療法

【タイトル】強迫性障害への認知行動療法 講義とワークショップで身につけるアートとサイエンス

(著)ポール・サルコフスキス (監訳)小堀修、他

(出版社)星和書店 2011年9月29日 初版第1刷発行

ポール・サルコフスキス教授が開発した「強迫性障害用の認知行動療法」の解説書です。基調講演やワークショップの内容を文書化しています。そのため、ガッツリとした論文ではなく、プレゼンのような形態の書籍となっています。医療者向けの書籍なので、罹患直後の患者が、「第一冊目」として購入するような書籍ではありません。

心理学や精神療法の研究は、日本以外の先進国の方が進んでいますので、日本で売られている本でも「著者は外国の方」というケースは多いです。特に、強迫性障害においては、それが顕著な印象があります。

認知行動療法をテーマにした書籍ですので、薬物療法のことは書かれていません。従いまして、「この書籍だけで、強迫性障害の治療全部」がわかるわけではありません。

この書籍から、私が吸収したことを、散発的にですが、いくつかご紹介したいと思います。

OCDの方は、再保証を求めてきますが、それを与え続けると患者の不安感は減るのですが、再保証の効果は減っていくそうです。しかし、再保証を求める動きは減らないので、問題は悪化していくそうです。

この書籍では、認知行動療法(CBT)と暴露反応妨害法(ERP)の効果が比較されています。結果を端的に述べると、CBTの方が、効果があるとのことです。

CBTは強迫観念と強迫行為の両方に効果がありますが、ERPは強迫行為に焦点をあてているため、強迫観念にはあまり影響がないようです。また、強迫行為に関しましては、CBTの方が、成績が良かったものの、ERPとの間に有意な差はなかったようです。

「早発発症の患者」と「遅発発症の患者」を比べた場合、早発発症の患者の方が重症である場合が多いのですが、「治り」については、早発発症の患者の方がよく、遅発発症の患者とあまり差がなくなるようです。

最後に、「不安の公式」みたいなものが記載されていましたので、ご紹介したいと思います。

【不安の強さの4つの要因】

不安の強さ = (起こる見込みの知覚 × 起こった時の恐ろしさの知覚)/ (対応能力の知覚 + 援助の知覚) 

この図式は、回復アプローチを説明するときに、とても役立ちそうです。後日、別の記事で使いたいと思いました。

【レビュー】患者のための最新医学 パニック障害 正しい知識とケア

【タイトル】患者のための最新医学 パニック障害 正しい知識とケア 

(監修)坪井康次 (出版社)高橋書店 (発行)2015年

患者向けの書籍で、パニック障害についての一般的なことが満遍なく記載されています。「基本用語」が丁寧に説明されているだけでなく、周辺の情報(うつ病や、パニック障害と間違われやすい病気等)についても記載されています。

「パニック発作の診断基準」や「パニック障害の診断基準」、「広場恐怖症の診断基準」の記載があり、読者自身でもある程度の精度で診断ができるようになっています。(もちろん、正確な診断は病院で行う必要があります)。

パニック障害患者が続発性のうつ病を罹患する場合、「非定型のうつ病」になることが多いのですが、その辺りも詳しく説明されています。

女性の妊娠・出産についても、けっこう詳しい説明がされていますので、気になる方には参考になるかと思います。

2015年発行の書籍なので、SSRIの服用計画が、昔(2000年代前半頃の書籍)と異なっています。「2000年代頃の書籍しか読んでいない」という方は、こちらの書籍で情報を更新するといいかもしれません。

書籍の後半は、日常生活のケアのしかたについて、細かく書かれています。しかし、これをきちんと実践するのは、なかなか難しそうです。 

(監修)坪井康次 (出版社)高橋書店 (発行)2015年

患者向けの書籍で、パニック障害についての一般的なことが満遍なく記載されています。「基本用語」が丁寧に説明されているだけでなく、周辺の情報(うつ病や、パニック障害と間違われやすい病気等)についても記載されています。

「パニック発作の診断基準」や「パニック障害の診断基準」、「広場恐怖症の診断基準」の記載があり、読者自身でもある程度の精度で診断ができるようになっています。(もちろん、正確な診断は病院で行う必要があります)。

パニック障害患者が続発性のうつ病を罹患する場合、「非定型のうつ病」になることが多いのですが、その辺りも詳しく説明されています。

女性の妊娠・出産についても、けっこう詳しい説明がされていますので、気になる方には参考になるかと思います。

2015年発行の書籍なので、SSRIの服用計画が、昔(2000年代前半頃の書籍)と異なっています。「2000年代頃の書籍しか読んでいない」という方は、こちらの書籍で情報を更新するといいかもしれません。

書籍の後半は、日常生活のケアのしかたについて、細かく書かれています。しかし、これをきちんと実践するのは、なかなか難しそうです。

【レビュー】強迫性障害 病態と治療

【タイトル】強迫性障害 病態と治療 (著)成田善弘 

(出版社)医学書院 2002年第1版第1刷 2012年第1版第4刷

著者は、1966年に医学部を卒業されたご年配の先生です。初版からだいぶ時間が経過していますが、本書に書いてあることをわかりやすく説明しているサイトもありましたので、内容は現在でも通用するものになっていると思われます。

医療者向けに書かれた本なので、読むのに時間がかかりましたが、興味深い情報もたくさんありました。そのいくつかを、ここでご紹介したいと思います。尚、情報は「論文の引用」を含みますので、必ずしも著者先生が主張しているとは限りません。

男の子の強迫性障害は、「第一子」である場合が多いそうです。また、末っ子も多い、という情報もありました。養育のされ方は、「過保護・過干渉」の場合が多く、症状の特徴は「自己完結型」が多いそうです。これらは私にピタリと一致するため、読んでいて複雑な気持ちになりました(苦笑)。

一方、女性の強迫性障害は、「第二子」が多く、親から「かまってもらえなかった」というケースが多いそうです。また、症状の特徴は「巻き込み型」が多いとのことです。

ご年配の先生ですので、フロイト(精神分析学)にも詳しく、フロイトの研究についてもたびたび触れられていました。

著者先生は、薬物療法も行うし、精神療法も行うそうです。精神療法では、複数の精神療法を「いいとこ取り」で使っているようです。これは何かの理論が先だってそうなったのではなく、結果的にそうなったとのことでした。このことは、強迫性障害を速やかに治す「シンプルな治療法」は見つかっていない、ということを意味していると思います。

治療者の心理の様子も記載されていて、現場でどういったことが起きているのか、とてもイメージがしやすかったです。

全体的にバランスが良い本でしたので、手元に置いて何回も読みたいと思いました。