活動ブログ」カテゴリーアーカイブ

毒親問題と回復アプローチ

今月、「毒親問題と回復アプローチ」という名前の書籍を出版しました。毒親問題の研究はあまり進んでいないのですが、被害者の数はとても多そうです。Mフォーラムのスタッフの中にも、複数名、毒親に苦しんだ方がいらっしゃいました。書籍の内容は下記のとおりです。Amazonの紹介文から引用しています。

毒親問題は、気づいたときには「取り返しのつかないほど大きな問題」になっていることがほとんどです。この様子は「低温やけど」に似ています。「通常のやけど」は瞬時に痛みが発生するため、被害を最小限に食い止めることができます。しかし、毒親問題ではそうしたことがないため、深刻化してから気づきます。このような理由で、毒親被害者は何年も、あるいは何十年も苦しみ続けることになります。

重度の毒親問題は、批判され続ける「弱い虐待」と人生の方向(進路など)を決められてしまう「強い虐待」で構成されていると私は考えています。

「弱い虐待」では、1つ1つのエピソード(起きた出来事)だけでは虐待と判断できないのですが、継続することによって「虐待と同じ」になっていきます。

最終的に毒親は、「本来、子ども(本人)が判断しなければならない重要な決断」に関しても「不適切な形」で介入してきます(強い虐待)。これにより、毒親被害者の苦痛が永続化することになります。

毒親被害者は、2種類の大きな苦痛を段階的に受けることになります。最初の苦痛は、青年期(15~25歳くらい)にやってきます。(実際は、児童期には始まっていると思われますが、大きく表面化するのは青年期くらいです)

青年期の毒親被害者は、「毒親から批判され続け、主体性を奪われる」という苦痛を受けています。進路などの「人生の方向」さえも毒親が主導で決めてしまうことがほとんどです。この時期は、「自分の人生を自分で決められる他人」が羨ましく感じます。

次の被害は壮年期(25~39歳くらい)以降にやってきます。毒親被害者はこの時期に毒親から「将来を奪われていたこと」に気づきます。そして、「過去への怒り」に対して、膨大なエネルギーを費やしてきてしまったことに打ちひしがれます。多くの場合、この時には「どうしたらいいのかわからない」という状態になっているかと思われます。

このように、「毒親からの被害」は深刻なのですが、日本では毒親問題についてはほとんど研究されてきませんでした。心理の専門家でさえも、毒親問題は「母娘間のボタンの掛け違い」と認識している先生が多かったように感じます。

毒親問題が広く認知されるようになったのは、比較的最近のことです。商的な理由で書籍は多く出版されていますが、本格的な研究はまだ始まっておらず、研究結果を発表するような書籍は皆無に近いです。このような状態であるため、今はまだ定義や考察を固めていく時期だと思われます。そのため、本書で紹介する回復アプローチも、「エビデンスのあるもの」とは言えません。

本書は、考察の域をでない書籍に留まりますが、少しでも読者の苦痛を軽減できれば幸いです。

Mフォーラム代表 六角大地

【目次】
はじめに
第1章 毒親の定義
 第1節 「毒親」という言葉の誕生
 第2節 毒親の定義はまだない
第2章 毒親問題とは
 第1節 「毒親問題」の定義
 第2節 毒親問題の特徴
 第3節 毒親問題の被害
 第4節 毒親問題の実態
第3章 毒親の様子
 第1節 毒親の特徴1
 第2節 なぜ、毒親が生まれるのか?
 第3節 毒親の特徴2
 第4節 毒親の教育方針
 第5節 毒親問題の深刻化
第4章 毒親被害者の様子
 第1節 毒親被害の大まかな流れ
 第2節 毒親被害者の特徴
  児童期の毒親被害者の場合
  青年期以降の毒親被害者の場合
 第3節 毒親被害者と発達課題
第5章 毒親被害者の回復アプローチ
 第1節 効果が期待できない回復アプローチ1
 第2節 青年期の毒親被害者の回復アプローチ
 第3節 効果が期待できない回復アプローチ2
 第4節 壮年期以降の毒親被害者の回復アプローチ
  毒親を許さない
  夢の追いかけ方
  毒親との対決(毒親への主張)
 第5節 効果が期待できない回復アプローチ3
 第6節 カウンセリングの利用
 第7節 回復アプローチのまとめ
第6章 毒親被害者を出さないための考察
 第1節 毒親被害児童の発見方法
 第2節 毒親問題の連鎖を断ち切るための考察
あとがき
お知らせ

すぐにできる不安解消法・・・本の出版

「すぐにできる不安解消法」という本を出版しました。誰にでも簡単にできますので、ぜひ一読ください。内容は下記の通りです。

本書「はじめに」より・・・

最近の仕事はどこもかしこも「最少人数」で回すようになりました。昔と比べ、求められる仕事のクオリティはとても高くなってきたように感じます。そうなると、当然ながら「不安」や「緊張」といったものが毎日続きます。こうした環境に順応できる人はいいのですが、そうでない人にはとても厳しい時代になってきました。

不安や緊張を解くために、「不安を解消する言葉」を大切にしている人は多いかと思います。こうした言葉は「行動指針」になっていて、脳に良い影響をもたらすと考えられます。

しかし、もう少しだけ効率の良い方法があります。その方法は、「刺激量から行動を決める」というものです。刺激やストレス、脳のしくみを知ると、「悪い刺激を減少させ、良い刺激を効率的に受け取る」ということが可能になります。

本書には「目新しい特別なこと」は何も書かれていませんが、一読すると「不安の解消のしかた」が少しだけ上手くなっていることと思います。本書によって、読者の方の不安が少しでも和らげることができれば幸いです。

【目次】
はじめに
第1章 不安を減少させるためには、不快な生理現象を抑えるのが基本
 第1節 自分の生理的特性を知る
 第2節 持続するストレス(悪い刺激)は精神的な病気を招く
第2章 脳への刺激
 第1節 刺激の種類
 第2節 刺激のメカニズム
  連続して同じ刺激を受けると、感動は鈍化する
  脳が刺激に対応するまでにかかる時間は2週間くらい
  感覚器の感度は意識次第である程度はコントロールできる
第3章 効率的な刺激の受け方
  第1節 良い刺激と悪い刺激は交互に来るようにする
 第2節 ストレスとなる刺激の受け止め方
 第3節 刺激量によって行動を決める
  第4節 刺激と学習①
  第5節 刺激と学習②
第4章 気分転換と刺激
  第1節 夜の家
 第2節 気分転換のしかた
  運動
  不安の大きさの再確認
  効率的な気分転換法
第5章 習慣からのアプローチ
第6章 不安を抱えやすい性格の場合
第7章 不安が病気レベルの場合
あとがき
お知らせ

本の執筆

不安やストレスに関係する本の執筆をしています。「ストレス」という言葉は、使い方が統一されていないので、まとめるのに苦戦しています。例えば、「ストレス」と「ストレッサー」は日常的には区別されません。また、ストレスとは「心や体に負荷がかかっている状態」のことを指すので、「ストレス状態」は正しい日本語なのかとか、いろいろ考えてしまいます。ストレスを感じながらストレス解消本を執筆しています。

書籍「経験者が語るパニック障害の治し方」を発売

「経験者が語るパニック障害の治し方」を発売しましたのでご報告です。amazonのkindleストアで購入可能です。少しだけご紹介します。

本書「はじめに」より・・・

パニック障害の方は、「この病気は治るのか」ということを常に心配されていることと思います。私は医師ではないので、パニック障害が医学的に治るかどうかを申し上げる立場にないのですが、元患者として経験的な立場から述べますと、パニック障害は治る病気ですので、その心配をする必要はありません。このように述べても、パニック障害の方は「自分だけは治らないかもしれない」と考えてしまいがちですが、その考えはおそらく正しくないです。書籍を読む限り、トップレベルの医師も「パニック障害は正しく治療できれば治る病気」と認識している様子です。

私はもともと重度のパニック障害者で初期治療にも失敗した経験を持ちますが、今は日常生活でほとんど困ることはなくなりました。パニック障害から回復した後、大学へ通い精神保健福祉士にもなることができましたので、パニック障害は治る病気だと思っています。従いまして、読者の方には、あきらめずにパニック障害の治療に取り組んで頂きたいです。

もし、読者の方で今現在もパニック発作に苦しんでいるとすれば、「1年間にわたって発作がなかった。だから私はもう大丈夫」というような方法で自信をつけたいと考えているのではないでしょうか?

しかし、この方法はあまり上手くいきません。なぜなら、パニック発作を経験した人は、乗り物の中で少しでも不快な生理現象(動悸や息切れ、吐き気など)に遭遇すると、「パニック発作かもしれない」と認識し、恐怖感を増大させてしまうからです。すると、それまで培ってきた自信は崩れ、罹患直後と同じような状態に戻ってしまいます。

不快な生理現象は、例え健康な人でも悪環境(例えば満員電車の中)ではしばしば起こります。生理現象を100%コントロールすることは誰にも出来ないので、パニック障害を治すには「不快な生理現象に遭遇しても揺るがない自信」が必要になります。

「そのような自信を身につけるにはどうすればいいのか?」ということがポイントになりますが、そうした「本物の自信」は一朝一夕には身に付きません。しかし、パニック障害について学習し、正確な対応ができるようになると、自然と身に付いていきます。

本書に書かれている内容は、必ずしも信頼できる「根拠」に基づいているわけではありません。医療者の書いた書籍を参考にしている部分も多いのですが、特に後半は「筆者の経験」と、「筆者とコミュニケーションをとってくれた患者仲間の様子」を「主とした根拠」にしています。従いまして、本書はパニック障害の完治を約束するものではありません。

本書には、「実際にパニック障害を治した患者(筆者)がどのようなことを考えて治したのか」ということについて述べられています。本書を最後まで読むと、パニック障害についてどのように学習を進めればいいのか、ある程度つかめるかと思います。本書が、パニック障害を治すための突破口になれば幸いです。

パニック障害に認知行動療法は効果があるのか?

六角です。パニック障害はやっかいな病気で、他の疾患と比べ、認知行動療法があまり効果を示しません。治療過程でパニック発作を受けると、それまで培った自信が消失し、認知部分が再び書き換わってしまうからだと思います。そのため、パニック障害の場合、一般的には認知行動療法は、治療の後半で行います。パニック障害の場合、全般的に心理療法があまり効果を示しません。

先日、講演会で海外で心理学を学んだ有名な臨床心理士さんが、海外で開発された新しい心理療法(ここでは名前は伏せさせていただきます)を紹介していました。汎用性がありそうな心理療法でしたが、私自身は「パニック障害に使うのは難しいだろう」と思いながら聴いていました。

すると・・・

講演の後半で、「パニック障害には効果がありませんでした。」と臨床心理士さんが述べていました。やはりパニック障害に対する心理療法は一筋縄ではいかないようです。

「じゃあ、どうすればいいのだろう?」ということになりますが、それはまた今度書きたいと思います。

臨床心理士資格と公認心理師資格

六角です。令和になって、いよいよ公認心理師が活躍する時代になりましたね。

今のところ、臨床心理士の人が公認心理師になっています。ですので、クライエントの立場からすると、これらの資格に違いはほとんどありません。

しかし、臨床心理士は民間資格で公認心理師は国家資格という違いがあります。そうしたこともあって、 今後は公認心理師資格が重要になっていきそうです。 勉強会でお世話になった精神科医の先生や臨床心理士会の地区会長の先生も同じような見解でした。

今後ですが、臨床心理士と公認心理師は大きく異なってくるかもしれません。理由は、公認心理師資格は、例外があるものの心理学部出身の人しか受験資格が得られないからです。

「心理学部出身の人しか受験資格がない」というのは、「カウンセラーに向いている人がなかなか公認心理師になれない」ということを意味しています。そうすると学生のレベルが下がってしまうので、この状況はあまりよくないと思われます。

認定心理士資格

六角です。先日、認定心理士の審査が通ったとの通知がありました。審査料と登録料で合わせて4万円かかります。認定心理士資格ではあまり仕事がないので、登録しようか迷いましたが、とりあえず申し込んでいました。

取得するためには、大学で単位をそこそこ取得しなければならないので、なかなか良い資格だと思うのですが、世間ではあまり評価されていない印象です。上位資格である臨床心理士資格も、もっと評価されていい資格だと思いますが、なかなかそのようになっていません。日本には「ちょうどいい心理系の資格」がないと感じています。

次回も資格のことについて述べたいと思います。

スキルアップ講習に参加

六角です。ひきこもり支援のスキルアップ講習に参加してきました。内容はとても良かったです。

「ひきこもりの支援」の場合、非相談的(非カウンセリング的)対応が大部分をしめます。平たく表現すれば、「相談にのるよりも、友人関係でいる方が大切」と言えるかもしれません。なぜなら、カウンセリングに来所するクライエントと違って、ひきこもりの当事者の方は、相談相手を求めていないからです。深く切り込んだ質問をしてしまうと、拒否され、対面の継続自体が難しくなってしまうと考えらえます。

もちろん、この方法が常にベストというわけではありませんが、頭の片隅においておくと、援助者は焦らなくて済むと思います。

欧米のパニック障害

六角です。欧米のパニック障害と日本のパニック障害はどこか違うらしいという話を何回か聞いたことがあります。ただ、どのように違うのかまでは確認できていません。ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。

欧米には、「日本のような人混み」はなさそうなので、表面化される問題が異なっているだけかもしれませんが、違う可能性もあるかもしれません。

カナダ人の方に訊くチャンスがあったのですが、忘れてしまいました。ただカナダの薬の情報は少しだけ訊けましたので、ご興味のある方は読んでみてください。