03 全般性不安障害」カテゴリーアーカイブ

全般性不安障害の回復アプローチ

全般性不安障害は、次のような時に診断されると思います。

  • 不安の対象が特にない
  • 不安が長期間にわたって持続する

しかし、不安は誰にでもあるため、その症状(思考形態)が「病気」なのか、それとも「本人の性格」なのかは、第三者からは(あるいは本人ですら)とてもわかりにくいです。従いまして、医療者も、または心理士も、あまり適切でない対応をしてしまうことは多々あるかと思います。

一番問題になるのは、おそらく、薬物療法を行うかどうかを決めなくてはならない時です。薬物療法は、誤った判断の下で使用すると、苦痛が大きくなるだけで、デメリットしかありません。

私が患者だったらどうするか、ということなのですが、(自律神経失調症などで)身体に不調をきたしている場合は薬物療法を選択します。それ以外の場合は、精神療法を行います。そして、精神療法でも改善しなかった場合、薬物療法を追加します。

薬物療法では、「抗不安薬で様子をみましょう」となることが日本ではとても多いと予想しますが、抗不安薬を連続で何週間も使用することは、私はお勧めしません。実は、私は抗不安薬が大量に処方されてしまい、それが原因で現在も苦労しています。

重症の場合は、SSRI(抗うつ薬)を服用しましょう、という方向になると思いますが、SSRIは、服用のしかた(使いこなす方法)が難しいです。おそらく、本を1冊読んだ程度では、なかなか上手く使いこなせません。

精神療法を使う場合、私なら認知行動療法を選びます。しかしながら、全般性不安障害の認知行動療法は、特有の難しさがあると私は考えています。パニック障害患者や強迫性障害患者の場合、「苦手なもの」がはっきりとありますが、全般性不安障害患者の場合は「はっきりとした不安の対象」がありません。そのため、治療の中間目標が立てにくいと思います。

全般性不安障害の方は、「不安に対する認識」を変えようとしていることが多いように感じます。具体例で言いますと、「不安は生きていくうえで必要なもの」という認識を強め、「不安との付き合い方」を改善しようとしています。これは、ある程度は「良い効果」をもたらしてくれると思いますが、限界もあると私は考えています。全般性不安障害患者には、「どのように不安と付き合っていけばいいのか?」というアプローチの他に、「どうしたら脳は安定してくれるのか?」という方向からのアプローチも必要だと思います。具体的には「カフェインはできるだけ控える」といったようなアプローチです。脳の動きに注目して、生活習慣を見直していくといいと思います。