【レビュー】強迫性障害への認知行動療法

【タイトル】強迫性障害への認知行動療法 講義とワークショップで身につけるアートとサイエンス

(著)ポール・サルコフスキス (監訳)小堀修、他

(出版社)星和書店 2011年9月29日 初版第1刷発行

ポール・サルコフスキス教授が開発した「強迫性障害用の認知行動療法」の解説書です。基調講演やワークショップの内容を文書化しています。そのため、ガッツリとした論文ではなく、プレゼンのような形態の書籍となっています。医療者向けの書籍なので、罹患直後の患者が、「第一冊目」として購入するような書籍ではありません。

心理学や精神療法の研究は、日本以外の先進国の方が進んでいますので、日本で売られている本でも「著者は外国の方」というケースは多いです。特に、強迫性障害においては、それが顕著な印象があります。

認知行動療法をテーマにした書籍ですので、薬物療法のことは書かれていません。従いまして、「この書籍だけで、強迫性障害の治療全部」がわかるわけではありません。

この書籍から、私が吸収したことを、散発的にですが、いくつかご紹介したいと思います。

OCDの方は、再保証を求めてきますが、それを与え続けると患者の不安感は減るのですが、再保証の効果は減っていくそうです。しかし、再保証を求める動きは減らないので、問題は悪化していくそうです。

この書籍では、認知行動療法(CBT)と暴露反応妨害法(ERP)の効果が比較されています。結果を端的に述べると、CBTの方が、効果があるとのことです。

CBTは強迫観念と強迫行為の両方に効果がありますが、ERPは強迫行為に焦点をあてているため、強迫観念にはあまり影響がないようです。また、強迫行為に関しましては、CBTの方が、成績が良かったものの、ERPとの間に有意な差はなかったようです。

「早発発症の患者」と「遅発発症の患者」を比べた場合、早発発症の患者の方が重症である場合が多いのですが、「治り」については、早発発症の患者の方がよく、遅発発症の患者とあまり差がなくなるようです。

最後に、「不安の公式」みたいなものが記載されていましたので、ご紹介したいと思います。

【不安の強さの4つの要因】

不安の強さ = (起こる見込みの知覚 × 起こった時の恐ろしさの知覚)/ (対応能力の知覚 + 援助の知覚) 

この図式は、回復アプローチを説明するときに、とても役立ちそうです。後日、別の記事で使いたいと思いました。