臨床心理士資格と公認心理師資格

六角です。令和になって、いよいよ公認心理師が活躍する時代になりましたね。

今のところ、臨床心理士の人が公認心理師になっています。ですので、クライエントの立場からすると、これらの資格に違いはほとんどありません。

しかし、臨床心理士は民間資格で公認心理師は国家資格という違いがあります。そうしたこともあって、 今後は公認心理師資格が重要になっていきそうです。 勉強会でお世話になった精神科医の先生や臨床心理士会の地区会長の先生も同じような見解でした。

今後ですが、臨床心理士と公認心理師は大きく異なってくるかもしれません。理由は、公認心理師資格は、例外があるものの心理学部出身の人しか受験資格が得られないからです。

「心理学部出身の人しか受験資格がない」というのは、「カウンセラーに向いている人がなかなか公認心理師になれない」ということを意味しています。そうすると学生のレベルが下がってしまうので、この状況はあまりよくないと思われます。